電力の社会史 何が東京電力を生んだのか (朝日選書) (単行本・ムック) / 竹内敬二 著

電力の社会史 何が東京電力を生んだのか (朝日選書) (単行本・ムック) / 竹内敬二 著
詳細

販売店:CD&DVD NEOWING

価格:1728円

最安値を楽天市場で探す>詳細>>電力の社会史 何が東京電力を生んだのか (朝日選書) (単行本・ムック) / 竹内敬二 著



etcな通販を楽しむにはここから

電力の社会史 何が東京電力を生んだのか (朝日選書) (単行本・ムック) / 竹内敬二 著

書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>福島原発事故を起こし実質、国有化された東京電力。戦後60年、9つの電力会社は社会的、産業的に日本の支配者といえる存在だった。1990年代と2000年代、電力業界は「電力の自由化」と「核燃料サイクルの見直し」を迫られたが、2度とも押し切り、変わらなかった。2011年3月の福島原発事故を機に60年間封印されてきた日本の電力制度が変わる兆しが見え、「原発ゼロ」の議論も起きた。しかし12年12月の総選挙で自民党が政権の座に戻ると急速に原発再稼働へと舵を切る気配だ。本書は、70年代石油危機後の電力業界と政治家・官僚・メディアの闘いを電力制度や原子力制度の変遷とともに描き、日本独特のエネルギー政策のあり方と今後の課題を欧米との比較を交えて分析する。<収録曲>第1章 福島原発事故?戦後電力政策の敗北第2章 電力9社体制の確立第3章 特殊な日本の原子力推進体制第4章 原子力政策の焦点、核燃料サイクル第5章 海外の電力自由化と自然エネルギー第6章 地球温暖化への対応と自然エネルギー政策第7章 発送電分離が焦点?日本の電力自由化論争第8章 東京電力の問題第9章 原子力政策と電力制度を考える補章 チェルノブイリ事故の日本への教訓<商品詳細>商品番号:NEOBK-1440862メディア:本/雑誌発売日:2013/02JAN:9784022599988電力の社会史 何が東京電力を生んだのか (朝日選書) (単行本・ムック) / 竹内敬二 著2013/02発売

平均評価:0.0点

電力の社会史 何が東京電力を生んだのか (朝日選書) (単行本・ムック) / 竹内敬二 著

最安値を楽天市場で探す>詳細>>電力の社会史 何が東京電力を生んだのか (朝日選書) (単行本・ムック) / 竹内敬二 著

楽天市場がお得です

-----

Tepco

Posted by nufufu