送料無料】 原子力損害賠償制度の研究 東京電力福島原発事故からの考察 / 遠藤典子 単行本

【送料無料】 原子力損害賠償制度の研究 東京電力福島原発事故からの考察 / 遠藤典子 単行本
詳細

販売店:LAWSONほっとステーション

価格:6696円

最安値を楽天市場で探す>詳細>>【送料無料】 原子力損害賠償制度の研究 東京電力福島原発事故からの考察 / 遠藤典子 単行本



etcな通販を楽しむにはここから

【送料無料】 原子力損害賠償制度の研究 東京電力福島原発事故からの考察 / 遠藤典子 単行本

商品の詳細ジャンル社会・政治フォーマット単行本出版社岩波書店発売日2013年09月ISBN9784000227940発売国日本サイズ・ページ356p 21cm(A5)関連キーワードエンドウ ノリコ 9784000227940 【FS_708-2】ご注文の前に必ずご確認をお願いします。 在庫情報 「在庫あり」商品は通常当日~翌日までに出荷します。「お取り寄せ」商品も掲載しています。
出荷日の目安は左のリンクよりご確認ください。  出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 半世紀前1961年に制定された「原子力損害の賠償に関する法律(原賠法)」は、東京電力福島第一原子力発電所の破局的事故に対して無力だった。本書は3.11以前の原子力損害賠償制度がどのように構築され、運用されてきたかをまず検証する。次いでその不備をどのように乗り越えて現行の損害賠償スキームが短時間に構築されたのか、そして東京電力はなぜ破綻せず「国有化」されたのかについて、政策担当者等への綿密な聞き取りに基づきその詳細を明らかにする。公共政策・行政学における画期的な事例研究。目次 : なぜ政府は新立法を必要としたか/ 第1部 「原子力損害の賠償に関する法律」における国家の責任(原子力事業者の厳格責任と国家関与の曖昧/ 原賠法「不変」の構図/ チッソ金融支援方式と支援機構スキームの共通性)/ 第2部 原子力損害賠償支援の政策学(東京電力破綻回避の真実/ 原子力損害賠償支援機構を設立した政府の意図/ 過酷事故の教訓と原賠法、支援機構法改正の論点)/ 第3部 賠償・除染・廃炉?東京電力国有化の論理(預金保険制度の支援機構スキームへの転用/ 政府による支援機構スキームの実践/ 東京電力分割構想と電力自由化の整合性/ 原子力損害賠償制度の二層化の必然)

平均評価:0.0点

【送料無料】 原子力損害賠償制度の研究 東京電力福島原発事故からの考察 / 遠藤典子 単行本

最安値を楽天市場で探す>詳細>>【送料無料】 原子力損害賠償制度の研究 東京電力福島原発事故からの考察 / 遠藤典子 単行本

楽天市場がお得です

-----

Tepco

Posted by nufufu