PCケース

2015年6月30日

自作PCでケースは肝心です。基本的にはCPUとマザーボードのサイズでケースは選ぶ事になりますが、大きいケースに小さいマザーを収納する分にはまったく問題はありません。

PCケースは最初が肝心

省スペースPCでも組むということでなければ、PCケースはしっかりしたものを購入しておいたほうが、普段使いのノイズや配線周りのメンテナンス製や後からPC部品を足そうと思った時の、拡張性という点で長く付き合うには、多少高くても、ケースくらいは高いものを買っておいたほうが損は無いです。PCケース自体はFANの付け替えさえすれば、劣化することはほとんどないので、何年間でも使いまわせます。

ケースとマザーボード

基本的なマザーボードは microATX(小さい)か、ATX(通常サイズ)の2種類のマザーボードが存在します。
他にも変形型で存在はしているようですが、市場でみかけることはありませんorz

ケースと電源

電源に関してはケース幅で多少ことなるようですが、収納できるかどうかは幅で大体統一されているようです。
電源のW数が高いものは、奥行きの長さが長いものが多いです。SLI等を組む場合以外は昨今のグラフィックカード搭載でも600wもあればミドルレンジ(GTX660-670位まで)のグラフィックカードは大丈夫なので、あまり気にする必要はなまいかと思います。


ANTECの大き目のPCケース、P183 他にもP280とかがありますが個人的にはこちらの183のが好きです。

  • メーカー: ANTEC
  • ANTEC 冷却性能、静音性、洗練されたデザイン全てを凝縮したハイエンドケース P183-V3

    ANTEC 冷却性能、静音性、洗練されたデザイン全てを凝縮したハイエンドケース P183-V3
    下部に電源が設置できるタイプで配線も600W以上の電源に向いているケースだと思います。ケース固定パネルは2サイズ調節がかのうだったので更に大きなサイズの電源も収納可能とかなんとか。
    HDDスロットは取り外し可能なタイプなので、このケース一つ買えば相当長いこと使えると思います。

    ANTEC 冷却性能、静音性、洗練されたデザイン全てを凝縮したハイエンドケース P183-V3

    ANTEC 冷却性能、静音性、洗練されたデザイン全てを凝縮したハイエンドケース P183-V3
    2009年にこのケースの存在をしったのですが、(当時は型番が前の奴。)ですが店頭で実物を見たりしてまわったものですが結局まだ一度も買った事は無いです。できれば近いうちに買い換えたいのですが、中々・・・。従来は1万70000円程度の価格でオープン価格はその値段なのですが、現在はアマゾンで10900円で購入可能なので是非手に入れたいです。

    ANTEC 冷却性能、静音性、洗練されたデザイン全てを凝縮したハイエンドケース P183-V3

    PC

    Posted by nufufu